読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子向けホラーを探すブログ

小野不由美のゴーストハントが好き!もう何年も新作を待っている人が、食わず嫌いしながら好みのホラーを探します。

百鬼夜行抄の凄いところ

女子向けホラーというか、女子向けに収まらない妖怪ホラー漫画の金字塔、それが『百鬼夜行抄』らしいです。

あらすじはざっくり、妖怪や不思議なものを見られる祖父の素質を受け継いだ青年が、祖父と因縁の深い使い魔や同じく「見る」ことの出来る従姉妹とホラーな体験をする話といった所でしょうか。

1995年に連載開始、以後21年経つ現在もNemuki+(ネムキプラス)で連載中です。時代に左右されない美しい絵柄と安定した作画、小説や映画を見ているような無駄のない計算された筋運びなど、全体としての完成度が滅茶めちゃ高い作品です。この全てを一人の人間が生み出したなんて、今市子先生は超人かと、全然イマイチじゃねーじゃねーか!と叫んだ読者は山ほどいるんでしょう。現在も着々とファンを増やしながら刊行の続く根強い人気の漫画です。

もっと褒めると、ドラマ化したり、舞台化したり、NHK漫画夜話に取り上げられたり、文化庁メディア芸術祭の漫画部門優秀賞に選ばれたり、とにかく世間的にも高評価の文句なしの傑作ホラー漫画なのです。全部ウィキペディアの知識です。

と言うのも私、この漫画に出会ったのはまだほんの数年前の話なのです。古本屋さんの百円コーナーで出会ったのです。お前、本当に真面目にホラー探してたのかよ!ってくらい遅い出会いです。それまで名前を聞いたことも無かったのです。あらすじを見て、「あっこれ好きそうなやつだ」って有るだけ買って帰りました。

ホラー好きの方にはあり得ないって思われそうですが、私は『百鬼夜行抄』の名前すら知りませんでした。実際のところ漫画好きに聞いても知らない人もいるのです。勿体無ない話です。だからこそ、世に認められ評価されまくってきた作品も、今更ながら一応語っておきたいのです。

さて、この話はぶっちゃけ『蟲師』や『夏目友人帳』と似てますよね。私は読んだ順で言うと、こちらの二作品が先だったのですが、ではなぜこのブログで二番に取り上げるのが『蟲師』でも『夏目友人帳』でもなく『百鬼夜行抄』なのかと言うと、単なる好みです。

ゴーストハント』みたいなホラーを探していた私が、「本屋に並んでいる中で」見つけた一番好みに合ったホラーがこれだったのです。

というのも、私は幽霊や妖怪みたいな得体の知れないものを、考察推理して退けたりやり過ごしたりする展開が好きなのです。一見でたらめに見える怪異も、よく調べてみればこんな法則性があって、原因があってと判明していく過程が好きなのです。そこにある人情とか人間ドラマとか、人の命の儚さ尊さ、もっというと道徳と言うのは二の次で、謎を解いていく過程こそが一番大切なのです。怪異の動機となる人や妖の感情さえ謎解きの歯車として組み込んで物語にする。種明かしまでの道筋をしっかり描いてくれる作品が『百鬼夜行抄』なのです。

作者は神の視点と言うのでしょうか。登場人物の誰に肩入れするでもなく、ただ淡々と始まり淡々と収束するまでを繊細で美しいイラストで描き出す。いっそ読者によそよそしさを感じさせるほど、物語は出来上がっていて、『ゴーストハント』とはまた違った「こんなの初めて!」といった読後感があります。第二の『ゴーストハント』ではないけれど、たくさんの人に愛される納得の名作です。

ゴーストハントが終わった

今年の十月に、いなだ詩穂先生コミカライズ版のシリーズ最終話の最終巻(『悪霊の棲む家 3巻』)が発売されました。

予定よりちょっと延びたけど、いっそ延ばして貰えて良かった。だって早くいなだ詩穂先生のイラストで名場面が見たい一方で、もう終わりも間近と思うと寂しくて仕方ないんですね。だから一年や二年延びたっていいじゃんとも思っていた訳です。

ちなみにこの一年や二年待てるってのは、コミカライズ版の刊行をリアルタイムで追っていた人あるあるなので、こちらが死ぬまでに出てくれればそれだけでありがたいくらいの気持ちで追ってきました。(本当にいなだ詩穂先生お疲れ様です)シリーズ始まって27年経ちますから、もはやファンにとってゴーストハントとのお付き合いはライフワークと言っても過言ではないのではないでしょうか。私の場合、それが終わって、どうしようもない衝動に襲われた勢いでブログを始めました。一つ目の記事は、タイトルに関係するゴーストハントの話と自己紹介的な感じにしようと思います。

 

さて、大本の小説は悪霊シリーズと言うんですよね。

小野不由美の悪霊シリーズ、こちらは講談社X文庫ティーンズハートから刊行されていた少女向け小説で、小野不由美ゴーストハント(タイトル『ゴーストハント 悪霊の棲む家』)は別レーベルから出た続編という扱い。その他にも同人誌とかから番外編が出てたりするみたいですが、それどうやって手に入れるの状態のプレミア化してるので、誰か読ませてください。2006年には待望のアニメ化(奇跡!)、絶版で一冊一万円近い値が付いていた原作本も全巻リライト版が出てます。その他、あらすじなど詳しくはウィキペディアをご覧ください。

 

私が知った頃には、既にゴーストハントの名前で月刊少女漫画誌でコミカライズが連載していました。年代的に私にとってのゴーストハントは、このいなだ詩穂先生ミカライズ版と続編のゴーストハント『悪霊の棲む家』(こちらは小説)なんですよね。これがプロフィールの「小野不由美ゴーストハントが好き!」の由来です。残念ながらリライト前の悪霊シリーズは未読です。

 

少女向け小説レーベルで刊行されてた原作もそうですが、コミカライズ版でよく言われていたのが、少女漫画誌に掲載するには異色の作品だったということです。他の作品がみんなキラキラトーンで構成されているなか、ゴーストハントのページだけやたら黒かったですから。主にナルさんとリンさんの髪と服、たまに入る血飛沫っぽいエフェクトのせいですね。それから絵のテイストも大人っぽく見えて、とても繊細で美しかったのも目立っていたと思います。

 

当時、この作品を女児に出会わせようとした大人たちが憎いと今でも思います。こんなの初めて!凄く好きだ、でももう続編は出ないのです。原作は完結済みで絶版されています。しかも異色の作品と言われたくらいなので、類似の内容のものなんてその辺には転がってないんです。

 

これを誰が言ったか探索系ホラー。機材を持ち込んで科学的に分析、出るわでるわ、宗教、サイキック、民俗学のマニアックな知識たち。ホラーものという内容の非現実さに現実味を帯びさせる、歴史考証や雑学の数々。理論的な考察で手掛かりを探る筋運びはミステリー小説を推理していくドキドキの臨場感があります。

 

ここからが大切です。

当時において女性の大卒でしかも文学部で、京都大学推理小説研究会に所属していた原作者が書いた、ミステリもかくやの本格ホラーです。なのに、なのに!

少女向けなんです!女子高生が主役なんです!分かりますか?これは奇跡です。

本格ホラーなのにイケメンや美少年はもちろん、美人も美少女も出てきて、仲良くなったり、時に危機を乗り越えて絆を深めたりするんです。

 

こんな作品は唯一無二です。

私はゴーストハントをきっかけに、ホラー作品にハマっていきましたが、同時にゴーストハントのお陰で好き嫌いも相当酷いです。スプラッタとかグロテスクなのは嫌、命の危険から逃げ惑うだけみたいのも嫌、バッドエンドも嫌。女性が性的に可哀想な目に合うのも嫌です。

そうなると日常系ちょっと不思議ホラーとかしか読めないので(でもあんまり筋が破綻してるのは嫌)、名作大作と呼ばれているホラー作品は食わず嫌いでほぼ未読です。素人です。

それから私はオタクでマンガが好きなので、小説よりはマンガのホラーを読んできました。紐解いて改めて考えると我ながらとても偏食だなあと呆れます。

 

ここまでがタイトルについてと自己紹介です。これからの記事では、第二のゴーストハントに焦がれて四苦八苦してきたホラー探求者の読書遍歴を書いていきたいです。

 

 

それと、先に謝っておきます。結論を言うと第二のゴーストハントは未だ見つかってません。ごめんなさい。